義足のマルチスーパーウーマン エイミー・パーディ

 

突然ですが、義足のスノーボーダー
エイミー・パーディご存知でしょうか?


19歳で生存率2%の細菌性の病気にかかり
両足切断、腎臓機能と左耳の聴覚を失ったものの
スノーボーダーとしてパラリンピックにも出場。

モデルなどとしても活躍されている女性です。

 

先日から3日間、ヤングリヴィングのグランドコンベンションが
オンラインで開催されていました。

(毎年ソルトレイクで開催されていて、世界中から人が集まります。
 毎回参加しているんですが、今年はコロナの関係でオンライン涙)


そこで、エイミー・パーディの講演がありました。


恥ずかしながら、私は今回で初めて彼女を知りましたが
(知らない方はこちらご参照ください)


スピーチがとても素敵だったので
今日はその中の一部をシェアさせてもらいます。

 

私は、プロのスノーボーダーになり
海外を旅し、冒険するのが夢でした。

ただ、それを叶えるために
両脚を失うことになるとは思っていませんでした。

しかし最終的には
私がなりたかったようになりました。

 

コミットしたことは
どんな形で叶うのか分かりません。

もしかしたら
それは障害を伴うかもしれません。


世界や宇宙が
私たちのためにどんなストーリーを
作っているのか分からないから

どれだけ難しい事があっても
私たちは諦めることは出来ないのだと
信じています。


私たちの心はなんでも出来るのです。

これらの夢を信じて
恐怖に立ち向かい
私たちの制限を超えた人生を生きるのです。


障害物を超える事ではなく
それらが連れて行ってくれる場所を見るのです。


あなたが人生の著者なら
あなたはどんなストーリーにしたいですか?

 

エイミー・パーディ

アメリカの人気番組「ダンス・ウィズ・ザ・スターズ」では
義足で華麗なダンスを披露。

古川容子

映像で見せてくれていたけど
めちゃくちゃキュートで、見入ってしまう程!
 
でも、そのためには
裏ですごい苦労があったことも話されてました。
 

物語のラストは自分で決めることが出来る

 

人生を輝かせるために
自分から苦労をかって出る必要はないと思うけれど

困難が起きた時に
どこを見るのか。

どんな姿勢で乗り越えたらいいのか。


困難の過程って、先が見えないからこそ不安になるし
諦めたくなることもあります。
でも、必ずその先に繋がるって、どれだけ信じられるかで
人生は大きく変わりますよね。

 

エイミーは、こうも言ってました。

物語のスタートは決められないけれど
物語のラストは自分で決められる。

 

素敵じゃないですか?

どんな事が起きても、自分で人生を選択する。

って、コミットしているからこその
言葉だと思ったし、すごく感銘を受けました。

 

古川容子

彼女の様に、困難な状況になった時にも
私は同じ様に言えるかな。。

でも、そうあれる自分でいたいって思います。

自分の人生に意思を持つことを教えてくれる


ヤングリヴィングは
ただのエッセンシャルオイルの会社ではなくて
自分の人生を生きること
勇気を持って前に進むこと
人生の目的を持つこと
色々な形で届けてくれます。



だから私はこの会社が好きだし
前に向かって進む力をもらっています。


(初めてコンベンションに参加した6年前)

決めるって怖いと思う人も多いかもしれないけど
自分で選択できる人生は
めちゃくちゃ自由で、充実します♡

 


きっと、踏み出す前が一番怖い。
踏み出してみたら、自由な世界が広がってます。

 

アロマの女神プロデューサー
古川容子

   

お得な情報や先行ご案内をいち早く受け取りたい方は、公式LINEにて

 又は、ID :  @912ziqnn で検索♪

ご提供中メニュー

🌹アロマの女神茶

🌹セッション・講座など

🌹Beauty Food

🌹インスタグラム

🌹アロマの女神茶&レシピを販売しています

🌹女性限定&無料オンラインサロン
 好きを仕事にする5人による、自分を大切にする情報配信サロン

   

Beauty Design Salon

所在地:愛知県清須市
※場所の詳細はお申し込みの方にご案内しております

🌹アクセス
名鉄名古屋駅より急行で10分+新清洲駅より徒歩5分
駐車も可能ですので、お問い合わせください

🌹お客様から頂いた受講料の一部は
ミャンマーの「命の泉事業」として井戸の寄付へ使わせて頂いております ⇨ 詳細はこちら

清須市・稲沢市・一宮市・あま市・春日井市・北名古屋市・名古屋市・日進市・豊田市・知多市・豊橋市・豊川市・岐阜県・三重県・滋賀県・長野県・東京・埼玉県・神奈川県・広島県・大阪府・奈良県・福岡県

などからお越し頂いております